【Unity】プロジェクト途中からURPへ変更する方法!2Dライティングには必須

【PR Unityアセットストア】パブリッシャーセール開催中!

凍った川や湖が表現できるマテリアルやシェーダーのアセットIce World がクーポンコード「NATUREMANUFACTURE2024」で無料でゲットできます
7月25日 23:59まで

Ice World

はじめに

Unityには複数のレンダーパイプラインがあり、URPに変更する方法について解説します。

URPに変更すると、以下のメリットがあります。

  • 2Dゲームでもライティングが使えるようになる
  • URP対応のアセットが使えるようになる

URP設定

Unityプロジェクトを1から作る人は、URPのついたものを選択することで、URP設定完了です。

途中から変更する際について説明します。

パッケージマネージャーからUniversal RPをインストールしましょう。

Packages: Unity Registryを選択し、universalと検索すると出てきます。

2Dゲームのライティング目的で使用したい人は、プロジェクトビューを右クリックして、Create > Rendering > URP Asset (with 2D Renderer)を選択します。

それ以外は、基本的にURP Asset (with Universal Renderer)を選択します。

画面上のEdit > Project Settings…をクリックします。

Graphicsを開いて、Universal Render Pipeline Assetを設定します。

Qualityにも同様にUniversal Render Pipeline Assetを設定します。

最後に、Window > Rendering > Render Pipeline Converterを開き、ビルトインレンダーパイプラインから、URPへ変換しましょう。

Convert Built-in to 2D (URP)を選択して、チェックボックスにチェックを入れて、

Initialize Converters、Convert Assetの順にクリックします。

おわりに

プロジェクトの途中からURPへ変換する方法でした。

途中から変換できるものの、見た目が変わってしまったり、動作が変わってしまう可能性もあるので、基本的にはプロジェクト作成のタイミングでURPを使うかどうかを決めておくのが望ましいです。

タイトルとURLをコピーしました