【Unity】誰でも使える!日本の3D都市モデルのSDKがアセットストアに公開されたので使ってみた【PLATEAU】渋谷のモデルをインポート

【PR Unityアセットストア】パブリッシャーセール開催中!

凍った川や湖が表現できるマテリアルやシェーダーのアセットIce World がクーポンコード「NATUREMANUFACTURE2024」で無料でゲットできます
7月25日 23:59まで

Ice World

はじめに

2023年2月28日、日本全国の都市モデルを利用できる『PLATEAU SDK for Unity』がUnityアセットストアに公開されました。

PLATEAUとは、国土交通省が主導する日本全国の3D都市モデルの整備・オープンデータ化プロジェクトであり、都市のデータを誰もが自由に利用できることで、まちづくりをはじめとした様々なユースケースが生み出されることを狙いとして推進されています。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000238.000016287.html

Unityアセットストアに公開されたことで、モデルのインポートが簡単にできるようになったので、これを機に使ってみました。

使い方

Unityアセットストアから無料でインストールできます。

PLATEAU SDK for Unity

こちらに、モデルのインポート方法などの一通りの使い方が載っています。

インストール | PLATEAU SDK for Unity

Unityバージョン

PLATEAU SDK for Unityは、Unity 2021.3が対応しています。

今回は、2021.3.8f1で実施しました。

渋谷のデータを取り込んでみる

インストールすると、画面上のPLATEAU > PLATEAU SDKからウィンドウを表示できます。

インポート元をローカルかサーバーで選択できますが、2023年3月12日現在、サーバーで利用できるデータが少ないため、ローカルでインポートしてみます。

こちらから、CityGML形式の3Dデータをダウンロードします。

3D都市モデル(Project PLATEAU)ポータルサイト - G空間情報センター
航空測量等に基づき取得したデータから建物等の地物を3次元で生成した3D都市モデルです。 商用利用も含め、どなたでも無償で自由にご利用いただけます。 特徴 3D都市モデルとは、都市空間に存在する建物や街路といったオブジェクトに名称や用途、建設年といった都市活動情報を付与することで、都市空間そのものを再現する3D都市空間情...

東京都23区のCityGML形式のデータを選択してダウンロードします。

ファイルサイズが大きめなので、PC空き容量には注意!

ダウンロードができたらzipファイルを展開します。

フォルダパスには、udxから階層が一つ上のフォルダを選択します。

範囲選択では、Unity上でインポートする範囲を指定します。地図が表示されるので、渋谷駅周辺を選択します。

選択ができたらモデルをインポートします。インポートには時間がかかるので気長に待ちます。

インポート結果

無事、モデルがインポートできました。上から見た様子です。

白い建物は、テクスチャが対応されていない都市のようです。

渋谷スクランブル交差点あたりを見てみると、建物のテクスチャが細かく表示されているのがわかります。

空には、スカイボックスアセットを使用しました。

AllSky Free – 10 Sky / Skybox Set

地面が白くなっていますが、不要なら非表示にしましょう。

現実の景観と異なる地物について
地物の種類で「土地利用」と「災害リスク」については、
情報の範囲を示す目印として白い板の3Dモデルが表示されます。
この白い板はリアルな景観のみを求める際には不要になるので、
土地利用と災害リスクに関するデータが不要な場合は
インポートしないか、インポート後オフにすることを推奨します。

https://project-plateau.github.io/PLATEAU-SDK-for-Unity/manual/ImportCityModels.html

おわりに

Unityアセットストアから渋谷をインポートしてみました。リアルな建物のモデルが無料で誰でも使えるので、いつかゲームに取り入れてみたいです。

ただし、会社のロゴなどもテクスチャに表示されているので、そのまま商用利用するのは難しそうです。利用規約を確認してから利用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました