【Unity】縦画面、または横画面に固定する方法!ゲームの途中で切り替える方法も紹介

【PR】Unityアセットストアセール情報!

Unity Asset Storeにて、クイズゲームが簡単に作れるアセットTrivia Quiz Kitがクーポンコード「GAMEVANILLA」を入力することで無料でゲットできます!
6月20日(木) 23:59まで
クーポンコードの使い方はこちら

はじめに

スマートフォン向けゲームを作るうえで、画面を縦または横に固定しておくのは非常に重要です。

本記事では、画面を固定する方法と、ゲームの途中で切り替える方法についても紹介します。

画面の縦横固定方法

画面の縦横を固定するには、主に2つの方法があります。

  1. Unityの標準機能を使用する方法
  2. コードを使用する方法

それぞれ紹介します!

1. Unityの標準機能を使用する方法

画面を固定したいだけなら、この方法がおすすめです。

Edit > Project Settings… を開きます。

Player を選択し、AndroidかiOSタブどちらかを開きます。

AndroidかiOSタブどちらかで設定すると、もう片方も同様に設定されるよ!

Resolution Scaling > Orientation > Default Orientationを固定したい方向に設定します。

デフォルトでは、Auto Rotationとなっており、スマホを傾けると自動的に切り替わるようになっています。

Portrait縦向き
PortraitUpsideDown縦向きの逆方向
LandscapeLeft左へ傾けた向き 縦向きから反時計回り
LandscapeRight右へ傾けた向き 縦向きから時計回り
AutoRotation使用可能な向きの中で、必要に応じて自動で向きを変更します

2. コードを使用する方法

ゲームの途中で変更したい場合は、コードを使う方法があります。といっても、一行で済みます。

Screen.orientation = ScreenOrientation.Portrait; // 縦画面に固定

横画面に固定したい場合は、PortraitをLandscapeLeftや、LandscapeRightに変更しましょう。

方向を指定して自動で向きを変更させたい場合

縦方向にのみ回転させたい場合のコード例です。自動回転させたい向きのみtrueにします。

using UnityEngine;

public class Example : MonoBehaviour
{
    void Start()
    {
        Screen.autorotateToPortrait = true;

        Screen.autorotateToPortraitUpsideDown = true;

        Screen.orientation = ScreenOrientation.AutoRotation;
    }
}

おわりに

画面の固定と切り替え方法の紹介でした!

スマートフォン向けゲームでは、縦・横に固定しているゲームが多いので、必須の内容ですね。

ゲーム作りがゼロから学べるおすすめ動画はこちら
Uncategorized
umiをフォローする
umi studio blog
タイトルとURLをコピーしました