【Unity】2Dスプライトアニメーション!パラパラ漫画のようにキャラクターを動かそう

【PR Unityアセットストア】パブリッシャーセール開催中!

凍った川や湖が表現できるマテリアルやシェーダーのアセットIce World がクーポンコード「NATUREMANUFACTURE2024」で無料でゲットできます
7月25日 23:59まで

Ice World

はじめに

Unityで2Dアニメーションをさせる方法はいくつかあります。

本記事では、画像を一コマ一コマ用意して、パラパラ漫画のように動いているように見せる方法(=スプライトアニメーション)のやり方について紹介します。

アニメーション素材には、こちらのアセットを使用します。

アニメーションに使用する最初のコマの画像をヒエラルキーにドラッグ&ドロップします。

ドラッグ&ドロップした画像に、Animatorコンポーネントをアタッチします。

Animator Controllerの作成

プロジェクトビューから、Animator Congrollerを作成します。

右クリックをして、Create > Animator Controllerを選択します。

先ほどアタッチしたAnimatorコンポーネントのControllerに、作成したAnimator Controllerをドラッグ&ドロップします。

Animationの作成

いよいよ動かしていきます。

Window > Animation > Animationを選択します。

ヒエラルキービューで、動かす画像を選択し、アニメーションビューでCreateを押します。

Animationを作成したら、画像を再生する順にドラッグ&ドロップしていきます。

Animationビューの再生ボタンを押すと、無事アニメーションができました。

おわりに

スプライトアニメーションの方法でした。Animationビューに置いた画像の間隔でアニメーション時間が決まるので、調整してみましょう!

タイトルとURLをコピーしました