【Unity】簡単!ボタンを押したらシーン切り替える方法

【PR Unityアセットストア】パブリッシャーセール開催中!

凍った川や湖が表現できるマテリアルやシェーダーのアセットIce World がクーポンコード「NATUREMANUFACTURE2024」で無料でゲットできます
7月25日 23:59まで

Ice World

はじめに

Unityにおけるシーン切り替えは、ゲーム開発において必要不可欠な要素の一つです。シーンとは、Unityにおいて画面の一つのことを指します。例えば、タイトル画面やゲームプレイ中の画面などがシーンとなります。

本記事では、Unityにおけるシーン切り替えや、シーン間のデータの受け渡しについて、具体的な実装例を解説します。

シーン切り替えの方法

シーンの登録

切り替え先のシーンの登録を行います。

File > Build Settingsを開きます。

ゲームに使うシーンをドラッグ&ドロップします。最初のシーンが0になるようにドラッグで移動させておきます。

スクリプト

シーンの切り替え実装はとても簡単で1行でできます。

SceneManager.LoadScene("ここにシーン名を書く");

実際のスクリプト例です。UnityEngine.SceneManagementは最初に必ずつけておきましょう。

using UnityEngine;
using UnityEngine.SceneManagement; // 忘れない!!

public class SceneLoader : MonoBehaviour
{
    public void LoadScene(string sceneName)
    {
        SceneManager.LoadScene(sceneName);
    }
}

ボタンへのアタッチ

ボタンを作成して、先ほど作成したスクリプトをアタッチします。

ボタンコンポーネントのOn Clickのところには、アタッチしたスクリプトをドラッグ&ドロップして、LoadScene関数を選択します。切り替え先のシーンの名前を入力します。

完成

ボタンを押したらシーンが切り替わるようになりました。

おわりに

シーン切り替え方法の実装例の解説でした!

今回紹介した方法では、引数でシーン名が指定できるようになっているため、使い回しが簡単にできます。

タイトルとURLをコピーしました